自分にあった美肌スキンケア


毎日のスキンケアで憧れの美肌になりたいなら、まずは自分の肌質を理解することが大事です。

自分自身の肌が何肌にカテゴリ分けされるか知る方法に、最も手軽で特にテクニックなどを必要としないものがあります。

洗顔をしっかり行い、メイクを落として水気をタオルに吸わせてから、10分ほど放置します。

時間がたったことを確認したら、肌に触ってみます。

普通肌なら、つっぱった感触がなくなってしっとりしてきています。

皮膚の保湿と油分の分泌がばっちりなお肌で、市販のスキンケア商品の多くはこの普通肌を対象にしています。

ツッパリ感がなく、反対に油が浮いた感じがする人はオイリー肌です。

洗顔後のツッパリ感が強く、時間がたつにつれ乾燥していくのは乾燥肌です。

肌がてかっていたり、化粧崩れが起きやすいのは、脂性肌は油脂の分泌量が多くなりがちなためです。

皮脂の分泌を減らすようなスキンケアをすることが、オイリー肌のコツです。

皮膚の保水力が小さく、普通肌にくらべてしっとりさが足りないのが乾燥肌です。

肌自体が刺激に弱いので、傷みやすい肌だと言われています。

スキンケアでは、乾燥肌は特に保湿に力点を置きましょう。

肌質と言ってもいろいろとあるので、まずは自分の肌質を知ってから、自分にあった美肌スキンケアをすることが大切です。