ニードル脱毛でのワキ毛処理


ワキ毛の処理方法に、エステでのニードル脱毛があります。

ニードル脱毛とは、1本1本の毛穴に針を刺し電気や高周波を流して毛根にダメージを与えます。

脱毛する場所や毛の太さで使う針が変わります。

ワキ毛の処理は少なくとも2~3ミリ伸ばしてから施術をうけなければならないのは、1本ずつ毛がどのくらい流れるのかをチェックしながら脱毛処理を行うからです。

脱毛方法の中でもニードル脱毛は1本ずつ処理するので時間がかかります。

処置するときにとても痛いので、おすすめできないのは痛みに耐えるのが得意ではないという人です。

ニードル脱毛は施術する人の技術力によって痛みに差があることにも注意が必要です。

時には肌が炎症を起こして内出血してしまい、かさぶたになってしまうということもあります。

それでも、ワキ毛をニードル脱毛によって処理を行えば、もう新しいワキ毛は生えてきません。

常に行わなければならなかったワキ毛処理から解放され、ワキ毛剃りに時間をかけなくてもよくなるのです。

脱毛の施術方法の中でもニードル脱毛は10年以上前からエステの脱毛コースで使われてきたものです。

エステの脱毛コースがよく割引券などで配られていますが、脱毛の方法を聞いておいた方が良いでしょう。

多くの場合には、具体的な脱毛方法が書かれていないときにはニードル脱毛のワキ毛処理になっているようです。