早めに薄毛対策を


年を取ると、薄毛対策に頭を悩ませる人が少なくないようです。

男性でも女性でも、頭には平均して約15万本の頭髪が生えています。

個人差はありますが、性差はないようです。

薄毛が気になりはじめたという人でも、頭髪は10万本は生えているようです。

髪は5年から7年で抜けます。

生え始めた直後はしばらく伸びますが、やがて止まります。

毛の再生は半年ほどで行われるため、一度抜けても待っていればまた生えてくるという仕組みです。

加齢と共にホルモンのバランスが変わり、だんだんと発毛のサイクルが崩れていくので次第に新しい毛が生えてこなくなることも。

これが、頭髪が少なくなる理由です。

頭皮から新しい毛が生えるような環境が残っているうちに、適切な薄毛対策を行わなくてはなりません。

早いうちに行ったほうが薄毛対策効果は現れますので、少し早いくらいのうちから着手してください。

年を取って体の内部に変化が生じたことが、薄毛に密接に関わっていることが多いようです。

それ以外にはストレスやホルモンがあります。

一度薄くなってしまった髪をふやすのは、簡単にできるものではありません。

体のコンディションに注意をし、ストレス対策を期すようにします。

合わせて正しい洗髪を行い、頭皮の血行を良くするだけでも薄毛対策に効果があります。