レーザー脱毛によるワキ毛処理


ワキ毛のレーザー脱毛を美容クリニックなどで行う人は少なくないようです。

ワキ毛は自宅で剃ることもできますが、すぐに新しい毛が再生したりします。

カミソリが肌荒れの原因となったりと肌トラブルに悩まされている人も多いようです。

だんだん毛が生えてくるのが何度かレーザー脱毛の施術を受けることで遅くなったり、毛の量も減ったりするので、厳密には永久脱毛ではないとはいえ利用する価値はあります。

ワキ毛処理方法の一つであるレーザー脱毛は、黒い色だけに反応するレーザー光を使って、毛母細胞という毛根内にあるものを破壊して行う方法です。

レーザーをワキにあてると、毛の部分が増すので、ワキ毛が一時的に濃くなったように見える場合があります。

1週間から2週間で、色は段々と抜けていきます。

ニードル脱毛ほどではありませんが痛みがあります。

レーザー脱毛の施術時間は短めで、ワキの下であれば、片側でおおよそ30秒程度で終了します。

脱毛直後は皮膚の保護機構が弱っているため、熱を伴う皮膚の腫れや毛のう炎に注意をする必要があるでしょう。

施術をした後のお手入れは、幹部をしっかりと冷やし、軟膏などをつけるのがおすすめです。

日焼けをすることは治療中に絶対にしてはいけないことなので、どのタイミングで施術を受けるか考えてワキのレーザー脱毛をしましょう。

日焼けクリームをつけてワキのレーザ脱毛のあとの皮膚のケアをすることがとても重要だといえるでしょう。