頬のたるみは顔のストレッチで解消


頬のたるみがあると老けて見えることもあり気にしている人も多いのではないでしょうか。

加齢とともに頬が多少たるむのは仕方のないことですが、なるべく防ぎたいものです。

頬のたるみの原因はさまざまですが、表情筋という筋肉が衰えることも原因のひとつです。

そのため、頬のたるみ改善には表情筋を強くすることがいいといいます。

ストレッチやエクササイズで表情筋を強くすることができます。

表情筋が鍛えられることで、肌の新陳代謝も活発になります。

テレビを見ながらでも簡単にできるストレッチですので、毎日継続することがポイントになります。

頬の下のほう、唇から耳の下にかけての大きな筋肉を鍛えましょう。

口をとがらせた状態で頬をめいっぱいすぼませ、5秒間そのままにします。

次にゆっくりと頬に空気をためていき思い切りふくらませて5秒間キープしゆっくりと元に戻しましょう。

ストレッチを続けることで頬のたるみを防ぐことができるでしょう。

口呼吸が多い人は口元を引き締めるように意識することが大切です。

ストレッチには、口を縦に大きく開いて唇を突き出すものもあります。

口を五秒間あけ終わったら、唇を口の中にすぼめていって見えなくなったら5秒保つというものもあります。

わずかな時間の合間を見つけて、顔のストレッチをする習慣をつくることによって、頬のたるみを減らし若々しい肌を保つことができるでしょう。