多汗症には吸引法という手術を


多汗症の手術のひとつに吸引法という方法があります。

吸引法という多汗症の手術は名前の通りです。

わきの下の部分に数ミリの穴を開けて細い管を通します。

ワキガなどの原因であるアポクリン汗腺や余計な汗が出るエクリン汗腺を吸い取ってしまうという手術方法です。

汗腺の吸引手術とは、エステの脂肪吸引手術と似たような要領で行われます。

手術痕はごく小さなものしか残りませんので、多汗症の手術を吸引法で行ったとしても、手術の痕が目立つようなことにはなりません。

多汗症を吸引法で施術する場合、穴を開けた部分に管を入れ、汗腺を吸いとって除去します。

汗腺を直接見ることができない為、汗腺を完全に取ることができずに、手術をした後に少し残ってしまう可能性があるというデメリットがあります。

多汗症手術の吸引法の場合手術をする医師の技術によるところが大きいようです。

経験が豊富な医師がそろっている病院などを調べる必要があります。

多汗症の手術には、切開法と呼ばれる治療方法があります。

医師が直接汗腺を取り除くもので、脇の下を5センチくらいに渡って切開します。

切開法は血腫ができたり、皮膚が壊死する可能性があるといいます。

施術後はわきを固定しなければならないというのも注意点です。

多汗症の手術には、レーザー手術、吸引法、切開法と様々なものがありますので、その方法が最もいいかをしっかり検討する必要があります。