メイク落としと肌トラブル


メイク落としは毎日使うスキンケア商品です。

メイクがきちんと落ちていないと肌トラブルの原因になったりするので、慎重に選びたい化粧品のひとつです。

メイク落としをきちんとしないと、どんな肌トラブルになるのでしょうか。

メイク汚れが残っているとにきびやしわ、肌の乾燥、色素沈着などが起きます。

にきびができるのは、毛穴の汚れ詰まりが炎症を起こすためです。

炎症は、肌に存在するアクネ菌の繁殖によります。

一通りのメイク落としが終わった段階で、ファンデーションも含めてメイクがきれいに落ちていれば、肌のコンディションはよいものです。

実際は毛穴にファンデーションなどのメイクが残っていて、毛詰まりを起こしてニキビの原因になってしまうのです。

色素沈着によるシミは、メイク落としが足りないことが原因であるということはよく聞く話です。

メイクが肌についたままの状態でいる事で、ついいたままの部分だけ肌老化が進んでしまうことによってシミが起こります。

目の周囲に濃いメイクをする人は多いですが、その分クレンジングは大変になりますので、洗い残しが老化しやすくなります。

お肌の老化が進むほど、シミが消えづらくなってしまいます。

メイク落としは、肌トラブルを未然に防ぐ重要な手立てといえます。