頬のたるみの原因


頬のたるみが年齢と共に気になってくる人も多いのではないでしょうか。

いったい何が原因で頬がたるんでしまうのでしょうか。

年齢とともに重力に逆らえなくなってくる顔のたるみは老けて見える大きな要因となります。

もしも鏡で自分の顔を見たときに、ほおの毛穴が今までより開いて見えているならば、たるみの予兆です。

たるみを疑っているなら、頬を持ちあげてみて毛穴が小さくなるか確認しましょう。

たるみができる背景には、肌の張りが失われていことがあるようです。

コラーゲンが紫外線などを浴び続けることによって少なくなると肌を支える力が衰えてしまいます。

顔の表情筋もたるみに大きく関係しています。

いろいろな表情をするたびに動く表情筋は年齢とともに衰えていきます。

足や腕の筋肉と同じで鍛えてあげないと老化を早めてしまうのです。

頬杖をつくとほおに負荷がかかり、ほおのたるみができやすくなるなど、普段の行動がたるみの原因を作っていることがあります。

額にしわをよくつくる人、口もとをへの字に引き結んでいる人も少なくありません。

口角が下向きになっていると、ほおのたるみはできやすいといいます。

頬は、色々な理由でたるみが生じます。

まずは日々の生活習慣を見直すことから、たるみ対策を講じましょう。