正しい保湿化粧品のつけ方


化粧品でしっかり保湿を行い、肌を保湿するためには、化粧水を肌につける時の適切な方法を知ることが大事です。

乾燥肌の保湿では、手に化粧水を出してお肌につけるという方法が向いています。

化粧水をコットンでつける方法もありますが、そっとつけているつもりでも、肌をこすってしまっています。

肌の乾燥の原因の一つに、肌についた微細な傷から水分が抜けてしまうことがあるといいます。

手に化粧水や乳液を受け、手で顔を包むようにしながら顔の全面に化粧品をなじませていきます。

つぎに中指と薬指の腹を使ってさらになじませましょう。

最後に、指の腹で軽く指圧をすることで、フェイスラインや目の回りをマッサージを行います。

コットンにたっぷりと化粧水をつけ、その化粧水を肌につけるというやり方で毎日のスキンケアをしている人もいます。

しかし、敏感肌や乾燥肌の人は、コットンが肌を摩擦する刺激がよくないことがあります。

肌を傷める要素は少しでも排除しなければ、スキンケアは日々行うことですので負担が蓄積する場合もあるようです。

コットンを毎日消費しなくても、手を使った化粧水のつけ方が習慣になれば、十分に保湿ケアをすることが可能です。

保湿化粧品を使うときには是非手で優しくつける方法を試してみてください。