季節にあった美肌スキンケア


季節によって、美肌効果のあるスキンケアの方法も違います。

寒い日と暑い日は肌のコンディションが違うのは当たり前の話です。

冬は湿度が低く、寒い日が続くため、肌はダメージを受けています。

そのため春のスキンケアも慎重に行うことです。

新しい化粧品を試すには向かない時期であり、刺激の少ない化粧品や、普段使いの肌相性のいいものを使いましょう。

紫外線が気になる夏は、肌を日焼けから守りつつ、温度や湿度による汗や油脂の分泌にも気を配る季節でもあります。

紫外線への備えを十分にしていなかったため、肌が乾燥したり新陳代謝が低下することもあります。

シワやシミなどの肌老化の原因になりますので、注意が必要です。

夏に肌に受けたダメージが残っていて、シミが目立つようになるのは秋に入ってからのようです。

お肌は今後冬の乾燥にさらされますので、今のうちに保湿をきちんとしておきましょう。

寒い日が続く冬のスキンケアは、保湿に力を入れることが美肌のポイントになるとされています。

冬は屋外の空気も乾燥気味ですので、肌の水分は奪われがちだといいます。

冬の肌は乾燥が進んで赤くなってしまったり、粉をふいたようにもなりますが、これは肌が乾燥しすぎるために起きるものです。

美肌を目指してスキンケアをするのであれば、季節を意識したケアをすることです。

季節ごとに合ったスキンケア商品を使用して、無用な肌トラブルを無くすようにしましょう。